髭を永久脱毛したいけど、ずっと生えてこないんだよね?No!永久脱毛の定義教えます

髭を永久脱毛したいけど、ずっと生えてこないんだよね?No!永久脱毛の定義教えます

「永久脱毛」と聞くともう2度と生えてこないと思っている方は多いのではないでしょうか?

実は私もそうでした。ですので、今回は永久脱毛の定義について調べてみました。

結論から言うと、永久脱毛は、一生生えないという意味ではありません。

「脱毛の施術が完了してから、一定の期間が立った時、一定の割合で毛の量が減っている状態」を言います。

永久脱毛の定義

米国電気脱毛協会の定義
「永久脱毛という言葉の定義というのは、脱毛の施術を完了してから、1か月が過ぎた時点での毛の再生率が脱毛施術前の20%以下の状態のことである。」FDA(アメリカ食品医薬品局)の定義
「レーザーを3回照射後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている」

日本国内では、永久脱毛とはこれこれこういうことですよという定義がなく、アメリカの定義を採用しているのです。

読んでいただいてわかると思いますが、一生生えてきませんよとは書いていません。

どんな脱毛法でさえ100%生えてきませんよとは言えませんが、アメリカで一生生えてこない脱毛法と認識されているのはニードル脱毛だけになります。

実際のところ、日本国内で永久脱毛と謳っているのは医療用レーザー脱毛なのですが、上記の定義を満たす脱毛器具を使用しているよという意味になります。

では、永久脱毛をしても生えてくるの?と聞かれれば生える時もあるし、ずっと生えない場合もあるとしか言えません。

私の周りでも病院でレーザー脱毛したけど10年以上産毛ぐらいしか生えてこないと言う方もいますし、やったけど1年ぐらいで生えてきたという方もいます。

これに関しては、個人の体質や施術者の腕、脱毛機器の性能、施術期間などで変わってくるのだと思います。

上記の永久脱毛の定義に則った施術を行えるのは医療機関のみになります。ちなみに、ニードル脱毛も医療行為に該当します。

生えにくさを表すのであれば、

ニードル脱毛>医療用レーザー脱毛>光脱毛(フラッシュ脱毛)

ニードル脱毛は高額で一般的に普及しておらず、髭に対してニードル脱毛を行うことはあまりありません。

光脱毛は医療用レーザーと違い出力が弱く、上記の定義に当てはまらない施術ではありますが、長期間の減毛効果はあります。

コストパフォーマンスを考えるなら、医療用レーザーが現在ある技術の中で効果が高い施術になります。

髭脱毛カテゴリの最新記事