髭の脱毛は痛い?他の部位との痛みの違い

髭の脱毛は痛い?他の部位との痛みの違い

脱毛は痛いとよく聞くけど?髭を脱毛するにしてもやっぱり痛い?

痛みが不安でなかなか踏み切れない方に向けた内容となっています。

髭の脱毛は痛い?

結論から言えば、痛いです。

光脱毛やレーザー脱毛に関しては他の部位を脱毛するよりも激しい痛みを伴います。

ではなぜ痛いのでしょうか?

痛みの原因

髭脱毛が他の体の部分より痛い原因は、光脱毛やレーザー脱毛の仕組みにあります。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応するレーザーを使用した脱毛方法です。そのレーザーは毛髪の黒色に反応して熱を与え、その熱が毛根に伝わりダメージを与えます。

レーザーで毛髪に熱を与えると毛根も熱くなりますからその熱が皮膚にも伝わります。

毛が黒く太ければ太いほど熱が多く伝わるので細い毛と比べると痛みも大きくなりますし、髭のように密集している部分では一度に多くの髭に対してレーザーを当てるのでそれだけ痛みが強くなります。

脱毛は毛根に十分なダメージを与え、破壊することが目的なので、このような痛みは避けることができない部分になります。

しかし、レーザー脱毛に使用する機器も進化していて、痛みの軽減を目的に、レーザーの照射と同時に冷却ガスを出す機能をもった機種も多くあります。

痛くない方法はないの?軽減方法は?

実際のところ脱毛は痛みを避けることはできません。脱毛=痛いのは施術側も重々承知の問題なので、脱毛サロンや脱毛クリニックでは痛みについての軽減する努力を行っています。

どのような方法があるかみていきましょう。

麻酔や笑気ガスを処方してもらう

医療用レーザー脱毛の場合、皮膚麻酔や笑気ガスといった痛みを和らげる方法を選択することができます。

皮膚麻酔はレーザーの照射範囲に塗るクリーム状の麻酔です。塗布してから一定時間経過しないと効果が出ないので、受付で事前に相談する必要があります。

笑気ガスはガス麻酔とも呼ばれ、専門のマスクを装着し、笑気ガス吸引することで麻酔状態にすることが出来ます。

また、精神的にも鎮静状態になり、痛みに対する恐怖感も和らぎます。

笑気と書いてますが、笑ってしまう効果はありません。

医療用レーザーではなく、光脱毛を選ぶ

医療用レーザーは効果が高い分、レーザーの出力が強いので強く痛みます。

脱毛サロンの光脱毛は医療行為ではないので医療レーザーと比べると出力が弱いので痛みは減ります。

しかし、上にも紹介した麻酔はありません。アイシング(皮膚を冷やしながら)しながらの脱毛です。

クリニックでも医療用レーザーが痛いのは十分わかっているので、出力を下げて施術を行うことができます。

ここら辺は脱毛クリニックの方針や医師の判断による部分なので、事前に医師や看護師に相談するのが良いです。

出力を下げるということは効果が出るのが遅くなるということでもあるので、ご自身にあった選択をしましょう。

毛抜きで抜く

どうしても痛いのがダメな場合は、自分で処理しましょう。

髭を毛抜きで1本1本抜きましょう。

もちろん全く痛くないわけではありませんが、光脱毛やレーザー脱毛よりはるかに痛みは少ないです。

痛みは根本的な解決策ではないですが、髭を毛根から引き抜けば、一定期間は肌の表面に出てきません。

ただし、毛髪を抜く行為は肌のトラブルにつながりやすいので十分注意が必要なことと、定期的な処理が必要なことは考慮しておきましょう。

まとめ

髭を脱毛するということは痛みを伴います。

脱毛サロンや脱毛クリニックでは脱毛の仕組み自体が痛みの原因になります。

脱毛サロンで使用するのは光脱毛(フラッシュ脱毛)で、医療機関での脱毛は医療用レーザーを使用しての脱毛です。

光脱毛は出力が医療用レーザーよりも出力は低いですが、効果が弱いです。さらなる痛みの軽減対策としてはアイシングが基本です。

医療用レーザーは出力が強い反面、効果が高いです。痛みの対策として、麻酔の処方を選択できます。

どうしても痛いのがダメな方は毛抜きで抜きましょう。

髭脱毛カテゴリの最新記事