ウォーキングで脂肪燃焼効果。正しい歩き方でダイエット

ウォーキングで脂肪燃焼効果。正しい歩き方でダイエット

運動で痩せようと思っている方で、一番に思い浮かぶのはウォーキングではないでしょうか?

こちらでは、ウォーキングが何故ダイエットに良いのか。効果的な歩き方などについてご紹介いたします。

ウォーキングとは

ウォーキングは簡単に言えば歩くことです。

ただ歩くという行為は、ダイエット視点では、体脂肪の燃焼効果が期待できる有酸素運動になります。

有酸素運動は、体内に酸素を取り込めるよう、呼吸が激しくならない程度に全身を動かす運動のことで、この有酸素運動はカロリー消費の効率が良いので、ダイエットと非常に相性が良い運動になります。

さらに、有酸素運動はウォーキングのほかにも、ジョギング・ウォーキング・水泳・自転車などもあります。

酸素が不要であるウエイトトレーニングなどの無酸素運動も運動後のアフターバーン効果により、ダイエットに効果的です。

有酸素運動は、脂肪が燃焼し始めるまでに20分以上は運動を行わなくてはなりませんが、肉体的な負担が少なく、続けやすい運動方法です。

歩くという行為は、普段の生活において当たり前のことなので、精神的な抵抗感も少なく、他の運動よりも楽に行えます。

もちろん、ただ歩けばよいというわけではなく、正しい歩き方を身に着けることで、脂肪燃焼効果もアップします。

ウォーキングの効果

体脂肪の燃焼

ウォーキングなどの有酸素運動は体脂肪をエネルギーとして使用するので、体脂肪の減少になります。また、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、ウォーキング運動をすることで全身への血液の循環を促進し、結果的に基礎代謝のアップにもつながります。

心肺機能の強化

有酸素運動を始めて間もない頃は息が上がってしまうかもしれませんが、運動を続けていくと息が上がらなくなり楽にウォーキングができるようになります。

生活習慣病を予防する

ウォーキングなどの有酸素運動は、末梢組織や細胞から余剰なコレステロールを回収し、肝臓に運搬する善玉コレステロールを増加させ、生活習慣病と言われる脂質異常症の進行を抑える働きがあります。

ストレスの軽減

ウォーキングをすると脳内エンドルフィンを分泌し、ストレスの軽減にも役に立ちます。これはストレスからの過食を抑えることも機や出来ます。

注意しておきたいこと

食後のウォーキング

ダイエットのために食べた後すぐにでも運動したい気持ちも出てくるとは思いますが、食べた後は食物の消化のために胃に血液が集まっており、食後すぐに運動をしてしまうと、血液が別の部分にも供給してしまい、上手く食化ができなくなります。食べてから1時間ほどたってからであれば、消化も進んでいるので問題ありません。

ウォーキングの正しいやり方

姿勢

一番大事なのは背筋を伸ばことです、背筋を伸ばすことで、連動して腕、足も歩く際に正しいポジションを保つことができます。

歩幅

歩幅が狭いと運動時の負荷が少ないので、歩きにくくない程度で、普段の歩き方よりも広めに取るのがおすすめです。

腕の振りは人によって振ったり振らなかったりしますが、歩く際のリズムが取りやすく、振りを大きくすると歩幅も自然に大きくなります。

ウォーキングの正しい姿勢

ウォーキングの姿勢についての分かりやすい動画がありましたので、ご紹介します。
https://youtu.be/ZWmqjnwjtTM

まとめ

ウォーキングは有酸素運動であり、体脂肪をエネルギーにすることから、体脂肪の減少=ダイエット効果が見込めます。

脂肪燃焼効果が得られるのは、20分以上運動を続けなければなりませんが、有酸素運動はウォーキングをはじめ比較的楽なものが多いので、無理なく続けられる特徴があります。

ダイエット効果だけでなく、心肺機能の強化、生活習慣病の予防、ストレスの軽減にも役に立ちます。

ただ歩けばよいというわけではなく、「運動としての歩行」を意識することで、脂肪燃焼効果はアップします。

ウォーキングをする際に重要なのは姿勢であり、背筋を伸ばすことを意識すると、腕や足、目線も自然と正しい動きやポジションになります。

食後の運動は体に負担がかかるので、食事をしてから1時間経ってからが良いです。

ダイエットカテゴリの最新記事